脂肪吸引のポイント

脂肪吸引の安全性

「脂肪吸引は危険」、そんな風に思っていませんか?そのイメージは全くの誤解です。脂肪吸引は、確かな技術をもつ、手に覚えのある外科医が施行する限り、十分安全に綺麗に、仕上げられる治療法です。

脂肪吸引は皮下脂肪層だけをターゲットにし、その部分の治療をする限り、安全に行えるものなのです。技術が十分でない執刀医が行いますと、皮下脂肪以外の組織を触ってしまい、その結果、思わぬ合併症がでることもあるかもしれません。医師を選ぶ限り、危険性はないもの、とお考え下さい。

きめ細かく行き届いたアフターケア

無駄な腫れ、むくみを起こさせないためにも、脂肪吸引後は、約数週間は、しっかりと、ボディスーツやサポーター、弾力ストッキングなどを装着して頂きます。

術後は、一週~数週間は 脂肪吸引により消失した脂肪の空間に体液が溜まります。この溜まりが、術後の腫れ、むくみとして生じます。この溜まりは、時間とともに必ず吸収消失していき、それと共に、自ずから痩せてきた細いボディラインが出てきます。

個人差もありますが、早ければ一週目から、遅くとも数週目から効果がはっきりと実感できます。完成は、術後一ヶ月~数ヶ月となります。

女性らしい体のラインを作り上げるポイント

余っているところの脂肪を、ただあるからといって取るのではなく、美の理論からいって、残すべきところは残し、取るべきところはしっかり取る!というセンスと技術が必要です。

女性らしい体のライン

女性が脂肪吸引を受ける場合、単に痩せるだけではなく、どうせならフェミニン的なボディデザインを目指すことが重要です。そのための理論、技術的なコツというものは当然あります。技術的なコツは、Dr.Suzukiがこれまで長年の間に築き磨き上げてきたものなので企業秘密です(笑)。

理論としては、「√3:1の理論」が、美の形態学に有効です。少し抽象的になりましたが、例として、女性ならではの綺麗な、流れるような曲線ラインを形成することが必要です。

  • オンラインカウンセリング
  • フリーダイヤル 0120-720-666(患者様専用)