脂肪吸引術

脂肪吸引術とは?

脂肪吸引術の方法は、脂肪を減らしたい、痩せたい部位へ直接皮下脂肪層に、特殊な細いカニューレと呼ばれる管を皮膚表面から挿入し(メスを使わず極小口から挿入し)、 強い吸引力を利用して、直接脂肪細胞を体外へ排出、消失させるものが一般的です。 カニューレを挿入する穴は最大でも5ミリ程度ですので、脂肪吸引の手術後、傷跡はほとんど目立ちません。

これだけ聞くと『脂肪吸引』は至って単純で簡単な治療かと思われますが、 「どの部分をどのくらい吸引すれば、どういう体型になるのか」を熟知していなければ行うことはできません。 吸引術では痛みも無く安全に脂肪を減少させることができます。さらに今まで不可能だった部位の痩身や脂肪吸引後の方、 セルライトが気になる方も安心して脂肪吸引を受けて頂くことができます。 脂肪吸引の手術はそれだけ熟練を必要とする手術の為、担当医の経験とセンスが決め手とも言えます。

脂肪吸引術の作用と特徴

脂肪吸引したところは、当然その脂肪細胞の数が減少しているのですから、脂肪をつくる力が減少したのと同じです。そのためリバウンドすることなく、その部位において太らない体質が獲得されたのと同等の結果が得られます

脂肪吸引術の特徴

  • 局所痩せの実現
  • リバウンドしない
  • 太らない体質の獲得(その治療部位において)
  • 傷はほとんど出来ない(メスは使わないため)

所要時間

一カ所一単位(下腹部、上腹部、ウェストライン、内股、前股、外股、膝周り、ふくらはぎ、二の腕、ヒップライン等の単位)あたり、その患者様の脂肪の付き具合によりますが、大凡約30分~60分です。頬やアゴなどの顔周りは、大凡約15分~30分です。

施術後について

治療作用、効果は上記のとおりですが、手術した術後の影響として、数週間~1ヶ月は、多かれ少なかれ、脂肪細胞が無くなった空間に、一旦体液が貯留しますので、その分の腫れ、むくみが生じます。
個人差もありますが、日にち薬で、日々改善されて行き、痩身効果は、早ければ術後一週目辺りから、遅くとも1ヶ月目あたりから、どんどん現れてきます

毎日腫れが緩和されていく分、痩身効果がめきめきと出現してきますので、毎日、鏡を見るのが楽しみとなることでしょう。

施術回数について

当院では、一度の手術でほとんど取るべき十分な脂肪細胞を除去しますので、通常は、同一部位に一回のみの治療でOKです。
生涯通じて 同一部位に複数回必要、となることはまずありません。ご安心ください。

  • オンラインカウンセリング
  • フリーダイヤル 0120-720-666(患者様専用)