ご相談の一例

術後、皺が出来たり、たるみが出来ることは無いのでしょうか?

脂肪吸引とは皮下脂肪を吸引管で吸引し取り除く手術になりますので、一度で大量の脂肪を取り除くとなると、やはり除去しただけ皮膚は余ります。 ですが、皮膚組織自体は、ある程度の収縮機能をもっています。特に若い方はその機能が高く、かなり太っている方でも通常、 術後に皺やたるみが生じる、ということはありません。

皮下脂肪層の厚さを調整、即ち皮下脂肪層のとても浅いところの脂肪細胞をなるべく温存させ、それより深いところの脂肪細胞を主体に 吸引、除去していくというテクニックを駆使しながら、多方面から均一に脂肪吸引を施術していきますので、心配はなおさら不要です。 但し、高齢者や中年齢層の患者さんで、内臓疾患(肝機能不良による蛋白合成不全状態等)や栄養バランス不全を背景にお持ちの方に対し、 大量の皮下脂肪を一度に多量脂肪吸引除去した場合、均一に脂肪を吸引しても、伸びていた皮膚の余りが強いことから、収縮しきれず、 時にある程度の皺が出来たり、皮膚余剰からのたるみが生じたりすることがあります。また、元々皮膚がたるんでいる方や、妊娠線などが 生じている方もそうなってしまう可能性があります。

こういった可能性が考えられる場合、年齢、肌の弾力などを考慮しつつ患者さんと事前によく打ち合わせを行い、ある程度の皺が出来るのを 覚悟の上で、大量の脂肪を一度に取ることを最優先事項とするか、吸引量を少し控えめにし、皺が出来にくいように調整を加えた上で 脂肪吸引するかを決定致します。部分的に脂肪をあまりにも取り過ぎてしまっても皮膚の張りが無くなる、皺になってしまう場合もありますし、 特に皮膚が薄くてデリケートな二の腕や太ももには注意が必要になります。
そういった点なども踏まえ、脂肪吸引に関してお話させていただきます。

その他の質問はこちら

  • オンラインカウンセリング
  • フリーダイヤル 0120-720-666(患者様専用)